小学生のスポーツクラブ1年間でかかる費用は?水泳・バレーボール編

小学生のスポーツクラブで実際にかかる費用は?

お子さんには元気で活発な子供に育ってほしい!って誰もが思いますよね。
小学生ともなると友達がやってるから僕もやってみたい!なんて急に言い出す事も。
そうは言われても、気になるのは月謝や必要経費ですよね。
一体いくらくらいかかるのでしょう?

「水泳」でかかる費用は?

習い事ランキング1位は水泳。
体力がつくのはもちろん、個人競技なので競争心も養われるそうですね。
学習面でも他の人に負けたくないという気持ちが育つようで、東大生の子供の頃の習い事は「水泳」が1位です。

気になる費用ですが、スイミングクラブによって異なります。
相場は以下の通り。

  • 入会金 約5,000円~8,000円
  • 登録料 約3,000円
  • 月謝  約6,000円前後(週1回)、約7,500円前後(週2回)、約9,000円前後(週3回)
  • その他 水着:3,000円~5,000円前後、スクールバッグ 2,000円前後など

こんな感じですね。
送迎バスを行っているところもあるので、別途バス代のかかるクラブもあります。
姪っ子が通っていましたが、週1回で約1万円近くかかっていました。
まぁでも、週1回では大して泳げるようにはならないですね…。
ちなみに甥っ子は3歳頃から始めて、いつのまにか選手コースになって去年はジュニアオリンピックに出ていました。
中学2年ですが腹筋割れてるし、かなり良い体してますよ(笑)
選手育成コースは、県外で大会あったり強化合宿あったりで相当お金かかっちゃいます。

 

「バレーボール」クラブチーム所属の場合の費用

ほとんどのチームは月謝3,000円前後ですね。
ちなみにうちの息子のチームは、月謝2,500円でした。
この月謝は、各大会の参加費や遠征時のドリンク代、ペナント代等に使われます。

ミカサ MIKASA バレーボール 4号球 MVA400 中学・家庭婦人用 検定球

価格:4,290円
(2018/5/8 14:24時点)
感想(16件)


月謝とは別に試合会場まで保護者の車で連れて行くので、ガソリン代や高速代、お弁当代が発生します。
県外遠征になると宿泊費もかかるので、月謝、遠征費などで年間約10万円位でしたね。
もちろんバレーシューズ、練習着、チームでお揃いのTシャツなどの費用は含んでいないのでプラス5万円くらいでしょうか。

費用だけじゃない保護者の負担

お子さんがスポーツチームに入ったら、費用負担だけでは無いと思ってください。

どのスポーツもですが、子供達が練習中の見守りは保護者が行っています。
当番制で決めるところが多いようですが、野球やサッカーなど屋外の競技は夏場、冬場ともにかなり大変のようです。
また大会や遠征には保護者の誰かが連れて行くので車出しをする事もあります。

遅い時間まで練習しているので、練習後のお迎えも必要になります。
小学生は20時までには帰らないといけないので、19時半頃までに終わるところが多いですね。
それから帰って晩ご飯になるので、ほんと寝る時間が短くなってしまいます。

土日は遠征や試合の応援で早朝から出発したり、自分の時間はほとんど無くなります。
また全国大会に出場するような強豪チームは、出場が決まると募金活動が待っています。
出場が決まったら土日は子供と一緒に募金活動です。
もちろん募金活動で集まったお金だけでは足りないので、保護者の負担も大きいです。

子供をチームに所属させるなら、それなりの覚悟を決めてくださいね。

まとめ

どんなスポーツにせよ、お子さんの気持ちを最優先で家族で支え合って行くことが大切ですね。
苦労もあるかもしれないけれど、子供の成長をそばで見守ってあげてください。
仲間同士、保護者同士との絆も芽生えますよ。

うちの息子は先日卒団しましたが、卒団式は感動して本当に号泣してしまいました。
子供にとっても親にとっても、かけがえのない時間を過ごせたと思います。
あなたも子供さんと共に一生思い出に残る時間を過ごしてみませんか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。