高千穂峡のボートの待ち時間は?料金や営業時間・ゴールデンウィークの運行状況もチェック!

こんにちは!ゆっきーです。

今日は、全国でも有名となった宮崎県の高千穂峡のボート待ち時間について調べてみましたよ♪

高千穂峡に来たならボートに乗らなきゃ!ですよね。

でも地元では、カップルでボートに乗ると別れるというジンクスもあるんですよ(笑)

私は恋人同士で乗ったことないので分かりませんが、友人の話ではほとんど別れていましたね。

ちなみにボートは平日なら比較的空いていますが、休日は朝から行列が出来るほど混雑しています(^^;)

今年のゴールデンウィークに高千穂峡を計画しているなら、例年のボートの待ち時間をチェックして当日の混雑ぶりにイライラしないようにしましょう。

高千穂峡のボートの待ち時間は?

高千穂峡のボートに乗るなら朝一から!

高千穂峡のボートは今でも大人気で、休日ともなれば長時間待ちは覚悟しないといけません。

今の時代、ネット予約にすれば混雑も解消するんじゃないの?なんて普通は思っちゃいますよね。

でも、高千穂峡のボートは電話予約やネット予約は出来ないんです。

近年は全国放送などでパワースポットとして注目を浴び、ボートの受付開始前から長蛇の列ができています。

駐車場も高千穂峡周辺は停める台数が限られている上、狭いので大渋滞です。

ちなみに2018年のゴールデンウィークは最大6時間半待ちという結果でした。

普通の休日でも午前中にはボートの受付が終了するほどの人気なので、ゴールデンウィーク中に旅行を計画していてボートに乗りたいという方は夜明け前に出発しましょう。

ちなみに地元の知り合いに聞いてみたら、朝6時には駐車場満車なんて事もあるようです。

駐車場は、ゴールデンウィークなどの混雑時には周辺の駐車場からシャトルバスも運行していますので、交通整理の方の誘導に従って進むことをオススメします。

 

私は去年のゴールデンウィーク中に息子の遠征試合で高千穂へ行っていましたが、とにかく周辺の道路は大混雑でした。

県外ナンバーの車がいっぱいだし、普通ならスイスイ流れる道路も10キロ、20キロのノロノロ運転。

もちろん私も高千穂峡へ行ったことはありますが、神秘的な景色ですので、人混みや渋滞でイライラしながら見るのは本当に勿体ないです。

ゆっくりと満喫したい方は、平日がオススメですよ☆

高千穂峡ボートの料金や営業時間は?運航状況を事前にチェック!

貸しボートの運営時間は、通常8:30~17:00ですが、大雨が降った翌日など河川が増水していると運休する場合があります。

2019年のゴールデンウィークは、営業時間が延長になっているのでボートに乗れるチャンスはまだありますよ♪

2019年ゴールデンウウィーク 高千穂峡貸しボート営業時間

期間:2019年4月27日~5月6日(ゴールデンウィーク期間営業)
営業時間:7:30~18:00(※最終受付17:30)

料金:1隻30分/2,000円 ※延長料金 10分/300円
定員人数:3名(未就学児を含めた場合のみ最大で4名までの乗船可)

通常よりも1時間30分長く営業しています。

とはいえ、夕方来てもボートの受付は恐らく終了しているので、午前中には受付まで済ませておきたいですね。

今、高千穂峡に向かっているけどボートの待ち時間ってどれくらいなのかな?と思ったら、高千穂町観光協会に問い合わせも可能ですよ。

 高千穂町観光協会 電話0982-73-1213

事前にHPで運行状況をチェックしておきましょう。

高千穂峡観光協会ボート情報はこちら

 

高千穂峡へ行った感想は?

口コミで来てみたけど、大した景色じゃなかった~なんて思いをしたくはないですよね。

どんな景色が待っているのか少しだけ紹介していきますね。

 


どちらかというと子連れで楽しむより大人向けのスポットです。

周辺にある天岩戸神社などもオススメですが、とにかく高千穂峡周辺は歩きます!

なので、女性の方はハイヒールやパンプスではなくパンツにスニーカーというスタイルで行きましょう。

まとめ

今回は、宮崎県の高千穂峡のボート待ち時間や料金・営業時間などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

今年のゴールデンウィークは10連休と長いので、少しは分散するかもしれないですね。

もちろん高千穂峡はボートだけじゃなく、天岩戸神社や天安河原など観光スポットはたくさんありますので、周辺の散策もしてみましょう。

あと、暑いと思っても高千穂峡周辺はマイナスイオンの影響か気温が低いです。上着を一枚持って行くのがベスト!

真夏でも半袖だと肌寒く感じますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。