小児喘息の原因はダニやハウスダスト?ダニ対策にオススメの商品も紹介!

こんにちは、ゆっきーです。

 

子供が喘息の発作で咳き込んでしまって夜中に何度も起きてしまう。

花粉が原因でくしゃみ連発。涙ポロポロ…

少しでも炎症を軽くしたいって思いますよね?

 

実は私の2歳になる息子も夜になると咳がゴホゴホ。

息をするのもゼーゼー言って息苦しそうにしている事が何度もありました。

 

病院もいくつも変えて喘息に詳しい先生の所に行き着いて、病名は喘息性気管支炎。

子供のために色々と原因や対策を調べてみたので、今回は同じように喘息の子供さんを持つママさんにも教えていきたいと思います。

 

ダニやハウスダストが小児ぜんそくの原因に

ダニって名前を聞くだけでも痒くなっちゃいますね。

 

布団の中などに潜むヒョウヒダニという小さいダニ。

放っておくと布団やカーペットなどで大繁殖

その死骸や糞を人が吸い込んでしまうとアレルギーになっちゃうんですって。

 

昔の人って、よく布団を干した後に布団たたきでバンバンッって叩いてましたよね?

あれって一番良くない方法で、ダニの死骸が粉々になって、より人間の鼻から吸い込まれやすくなるんです。

花粉症などと同じで自分の許容量を超えてしまうとアレルゲンとなり過剰反応を起こしてしまうんですね。

 

中でも小児ぜんそくの子供さんの約9割はダニに対するアレルギーが原因とされ、その中でも多いとされるのがヒョウヒダニによるアレルギーです。

つまり、お布団や枕、ぬいぐるみなどに多く存在するダニによって引き起こされている可能性が高いって事。

 

うちの子供は軽い咳だけだし、そんなに心配ないかな?って思ったお母さん、実は喘息で毎年約6,000人の人が命を落としているんですよ。

 

気管支ぜんそくの本当の怖さ

小児ぜんそくだけどお医者さんからは軽症だって言われたし、

大丈夫なんて思っていたら大間違い!

軽症の患者さんでも死に至る事があるんです。

●気管支喘息の疫学

気管支喘息の恐いところは、重症の発作を起こすと死亡することもあり、年間に6,000人前後が死亡しています。年齢別に見ると、男女とも15~29歳の若年層で増加の傾向を示しています。さらに、死亡例を気管支喘息の重症度別に見たときに小児・成人ともに、軽症、中等症の気管支喘息患者さんでの増加が指摘されています。

 小児の気管支喘息が増加していることも注目されています。また、以前は乳幼児の気管支喘息は比較的まれでしたが、最近では著しく増加しています。増加の原因として、さまざまな説がありますが、明確な答えが出ていないのが現状です。

日本医師会ホームページより

私の息子が通う医師にも言われましたが、発作を繰り返すたびに空気の通り道を作る粘膜が分厚くなって、呼吸するための気管が細くなるんだそう。

大人なら喉に少し違和感があると咳払いをしたりできるのですが、まだ小さい子供はそんな事できません。

 

呼吸が苦しくても言葉で伝えられないから、なるべく発作を起こさせないような環境づくりが大切なんですね。

 

 

ダニの対策にオススメ「ダニ取りロボ」

一日のうち3分の1は布団の中。

そう、家の中で真っ先にダニ対策したい場所が寝室ですよね。

 

何度も夜中に咳き込んで起きる子供にダニのいないお布団でゆっくりと眠って欲しい。

そんなママに教えたいのが「ダニ取りロボ」という商品です。

 

ロボとはいえ、ロボットじゃないですよ(笑)

「ダニ取りロボ」とは、ダニが好む食品粉末やビール酵母、食品添加物を調合した天然由来の誘引剤でダニを誘導し、吸湿性セラミックによって乾燥させて閉じ込める!ロボットのようにダニをキャッチ&逃さないダニの研究所で開発されたダニ捕獲用マットです。

 

どんな感じにダニが集まってくるのか見てみたい方は↓下の動画をチェックしてみてくださいね。(注)ダニが誘導されてどんどん増えていく様子の分かる動画なので、自己責任で見てくださいね。


動画を見たら分かるように徐々にダニが集まってくる様子が分かりますね。

というか、こんなにもダニが布団にいると思ったら気持ち悪い!!

 

そして、集まってきたダニが退治される様子が↓下の動画です。

 

もちろん、赤ちゃんにも安心なので気になった方は「ダニ取りロボ」の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

↓公式サイトはこちら↓

まとめ

今回は、小児喘息の原因とされるダニやハウスダストについてやダニ対策にオススメの商品をご紹介してきました。

冬だからってダニ対策を怠ってはいませんか?

ダニ捕獲マットって安いのもあるけど、本当に捕獲できているのかって見えないから不安ですよね。

『ダニ取りロボ』の誘引力と退治の仕方なら赤ちゃんのいる家庭でも安心ですよ。

この機会にチェックしてみては?



 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。