2018台風15号の進路予想と米軍最新情報!九州への上陸日やJTWCが見れない時の対処法

今回は、台風15号進路予報米軍台風最新情報をお伝えしていきたいと思います。

 

勢力はそれほどないようで、あさってには熱帯低気圧に変わるようですがお盆の帰省や夏休みの旅行に大きく影響を与えそうですね。

 

JTWCのURLや予想図の見方についても説明していきますね。

 

現在の進路では、九州に上陸する頃には熱帯低気圧に変わっている可能性もありますが上陸日も含めてお伝えしていきます。

 

台風15号の進路予想と九州への上陸の可能性は?

 

強い勢力の台風15号(プラピルーン)は、12日21時には父島の南約410kmにあって、北西へ毎時20kmで進んでいます。

中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.tenki.jp

 

日本の気象庁予想12日21時の情報がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典元:https://www.jma.go.jp

 

海上は台風の影響により、波が高くなっていますので海のレジャーを予定している方はご注意ください。

台風15号波予測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ、九州への上陸はなさそうです。
大気が不安定な場所では、竜巻などの突風にも注意しましょう。

米軍最新情報とJTWCが見れない時の対処法

 

現在の米軍最新情報をお伝えします。

 

8月12日23:30現在の台風情報はこちら。

14/12Z ⇒ 8/14 21:00

 

台風15号JTWCの情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典元:http://www.metoc.navy.mil

 

あさってに夜にかけて九州に接近します。

勢力は弱い台風ですが、海上は波が高いので交通機関などにも影響があると思います。

 

接近する地域での海のレジャーは控えるようにしましょう。

 

また、米軍台風情報の「JTWC 」Joint Typhoon Warning Center見れないという方も多いようです。

私もいつも利用しているサイトから飛んだら、全く見られませんでした。

 

ようやくJTWCのHPを見つけたので、以下に掲載します。

URLが変更されていますので、ご確認ください。

 

 JTWCのホームページ http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

初めて見る方は、実際こんな画面になっています。

 

英語が分からない方でも大丈夫です。

右側にある・TC Warning Graphic をクリックすると先ほどの台風の進路予想画面になります。

 

時差がありますので、日本時間に換算する場合は表記されている時間に9時間プラスしてください。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

2018台風15号進路予想米軍最新情報についてお届けしました。

 

また九州への上陸日米軍台風情報のJTWCが見れない時の対処法についても掲載しました。

 

最新の情報が入り次第更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。